MENU

センター概要

センター長あいさつ

橋本 啓

学生の皆さんは,それぞれの夢を実現するために宇都宮大学に入学され,熱い思いを持って勉学に励んでいることと思います。そんな学生生活をエンジョイしていく中で,「高度な専門知識を修得して社会に羽ばたきたい!と思って大学で学んでいるのに,なんで基盤教育科目に時間を割かなくてはいけないのだろう?」と疑問を感じたことがあるのではないでしょうか。

実は,そんな疑問を持つことは当然なので安心してください。

「すぐに役立つことは,すぐに役立たなくなる」という言葉があります。専門的で最先端の知識ほど,すぐに書き換えられ古いものとなっていきます。ですから,最先端の知識を覚えるということだけでは何にもならない,ということでもあります。そもそも,最先端の情報が欲しいだけならみなさんの手元にあるスマホの方がよっぽど頼りになりますよね。

基盤教育科目で学ぶのは「すぐには役立たないが,近い将来とても役立つかもしれない」ことです。広い視野とバランスのとれた判断を可能にする豊かな人間性を育む科目群です。情報を獲得するだけであれば誰でも簡単にアクセスすることができる時代になっていますが,その情報の質を判断し,どのように使っていくかを考え,さらに問題解決につなげていくためには,ただ単にインターネットが使えるだけではダメですよね? 基盤教育科目とは,その時に威力を発揮する人間性を育む科目群であると思ってください。この力を身につけながら,みなさんの興味の本丸である専門科目を修得すれば,鬼に金棒です。専門知識を無駄に消費していくだけではない,新たな知見を創造していくことのできる人材になれるのではないでしょうか。

すぐには効果の実感できない基盤教育科目ですが,学生の皆さんがなるべく道に迷わないようサポートしているのが,基盤教育センターです。もし,担任の教員に相談しても解決できない学修に関する悩みなどがありましたら,気軽にラーニング・コモンズやEPUUを訪ねてみてください。勉強するということは,受動的に「教わる」だけでは不十分であり,能動的に「学ぶ」ことも必要なんだ!との気づきがきっと得られますよ。

基盤教育センター長 橋本 啓(農学部・教授)

センター概要

基盤教育センターは,基盤教育の企画・運営,EPUUの開発・実施,教養教育の開発・実施,専門導入教育の開発・実施などを担っており,幅広く深い教養や行動的知性および専門基礎等から,3C精神を持った人材育成の基盤を教育することをミッションとしています。

具体的には以下の業務を行っています。

  1. 基盤教育の実施に関すること
  2. 基盤教育の企画・開発に関すること
  3. 基盤教育に係るカリキュラムの編成及び改善に関すること
  4. 基盤教育に係る開講科目及び担当者の全学的調整と管理に関すること
  5. 基盤教育の調査・研究に関すること
  6. 基盤教育実施のための予算に関すること
  7. その他基盤教育に関すること

沿革

  • 平成19年4月

    共通教育センター(基盤教育センターの前身)設置
    目的:共通教育についての企画・立案・実施,教養教育遂行の中心的組織

  • 平成23年4月

    共通教育センターを基盤教育センターに改組
    目的:学士課程教育の基盤としての基盤教育体制の強化・充実

  • 平成25年10月

    文部科学省特別経費「“あらたな社会”を耕す行動的知性を養成する21世紀型教養教育の構築」の採択
    目的:あらたな教養教育に向けた,自律的学修空間「ラーニング・コモンズ」とアクティブラーニングの拡充

  • 平成26年10月

    文部科学省大学教育再生加速プログラム(AP)の採択
    目的:アクティブラーニング開発とジェネリックスキル養成を軸とした基盤教育改革

  • 平成27年4月

    基盤教育企画部門と英語企画部門を設置(両部門長を副センター長として配置)
    目的:中長期的企画機能の充実及び各学部と基盤教育センターとの関係の強化

  • 平成30年4月

    大学教育推進機構の設置に伴い基盤教育センターは同機構を構成するセンターとなる
    目的:大学教育推進機構を構成する他部門と連携し,全学的な観点から基盤教育の開発・実施と教育プログラムの継続的な質向上を図る